注目のその大きさは?!iPhone5s / iPhone6 / iPhone6 Plusを比較してみた!

2014年9月12日の本日午後4時より、「iPhone6」「iPhone6 Plus」の予約が開始されます。家電量販店や各社通信事業者、Apple Storeでは、多くの人が訪れるかと予想されます。今回は、「iPhone5s」と「iPhone6」「iPhone6 Plus」を比較してみました。

【追記:2015年9月11日】Appleより、「iPhone6S」および「iPhone6S Plus」が発表されました。インチこそ変わりませんが、微妙に大きさに変更がありますので、詳しくはAppleのサイトをご覧ください。

iPhone5s / iPhone6 / iPhone6 Plusを比較してみた!

app13

基本のサイズや重量などは、このようになっています。全体的に「iPhone5s」よりも大きくなっていることがわかります。薄さを実現しましたが、重量が増えているので、その部分をカバーする要素があるのか探ってみましょう。

大きさ

まずは、注目の大きさを比較してみましょう。「iPhone6」「iPhone6 Plus」が発表されたと同時にその大きさに多くの人が、驚きをあらわにました。ars technicaより、「iPhone6」「iPhone6 Plus」のサイズ感がわかるクラフト紙がダウンロードできます。コンピュータの画面上だけでは、実際の生活でのサイズ感が伝わらないためと、考えられ作成されました。実際に作ってみます!

app1

印刷するときは、「ページサイズに合わせる」のチェックを外しましょう。

app2

印刷が完了して、サイズに合わせて切ってみたのがこちらです!今回は、「iPhone5c」と「iPhone5」を置いてみました。実際に手元に原寸大のものがあると、その大きさを実感することができます。

app4

「iPhone6」

実際に持ってみた感じだと、「iPhone6」はなんとか片手で操作できそうな感じですが、画面の上の方まで親指は届かないようなので、親指だけでの操作は難しいかもしれません。

app5

「iPhone6 Plus」

「iPhone6 Plus」の方は、片手で持つと手全体が覆われるので、片手だけでの操作は難しいと感じました。ゲームやビデオを楽しむには十分な大きさではないでしょうか。

app6

参考程度に、シャーペンと比べたものやイヤホンをさしたらどんな感じになるのか撮影してみました。「iPhone6」は、シャーペンくらいの長さでしょうか。スマートフォンというより、何か別の新しい端末かなにかを連想させる大きさです。

app9

薄さ

薄さとしては、「iPhone5」より薄くできており、角のない丸みのあるデザインになっています。先程作ったクラフト紙を切る際、厚みの部分も計って作成してみました。数ミリの誤差はあると思いますが、イメージはこのような感じです。

  • 「iPhone5」:7.6mm
  • 「iPhone6」:6.9mm
  • 「iPhone6 Plus」:7.1mm
「iPhone6」

「iPhone5」は、全体のフチに溝のようなデザインの加工がされており、画面が少し浮き出ている感じになっています。恐らく、「iPhone6」は角や溝のないデザインなのでその分薄さを実現していると思われます。

app10

「iPhone6 Plus」

角がとれた丸みのある感じだと、「iPhone5c」のような触り心地になるのでしょうか。「iPhone5c」も「iPhone5s」もディスプレイと本体は境目があり、「iPhone6」「iPhone6 Plus」では、繫ぎ目のないデザインが採用されているので、ディスプレイと本体の境目がどのようになっているのか気になります。

app11

今回も色は、ゴールド・シルバー・スペースグレイの3色が発売となります。色としては、「iPhone5s」よりもスペースグレイの色味が少し柔らかくなっています。また、「iPhone6」「iPhone6 Plus」では、「iPhone5s」のように端末の上下で色が分かれているのではなく、フチどったデザインに変わっていることがわかります。

app12

バッテリー

気になる電池の時間は、重量にともなうのか増えているので、長時間使えるようになっています。バッテリーを持ち歩く手間が省けるなら、少しくらい重量が増してもそれほどの懸念点にはならないのかもしれません。「iPhone6 Plus」は、「iPhone5s」より連続通話時間やオーディオ再生が倍の数字になっているので、他のアプリを起動しながらでも電池の減りを気にすることなく音楽を聴くことができます。

app14

カメラやビデオ撮影

カメラは、「iPhone5s」にも搭載されていた「iSightカメラ」を使用しています。「iPhone6」「iPhone6 Plus」では、新しい8メガピクセルの「iSightカメラ」が搭載され、顔の検出も強化されているようです。また、「iPhone6 Plus」には光学式手ぶれ補正が備わっています。ビデオでは、新たに「映画レベルのビデオ手ぶれ補正」と「連続オートフォーカスビデオ」機能が加わり、より美しいビデオ撮影ができるようになりました。

 最後に

iPhone5s / iPhone6 / iPhone6 Plusの比較は、いかがでしたでしょうか。注目の大きさを中心に比較を行なってみましたが、実際手に持つとまたイメージが変わってくることを実感しました。購入を考えているなら、一度クラフト紙を印刷して切って、実際の大きさを確かめてみた方が良いかもしれません。大きさとともに重量も加わってくるので、自分のライフスタイルに合ったサイズを選ぶことをおすすめします。

 (Photo: iPhone6)





お手軽自己分析!簡易サイト診断はこちら