3つのプロモーション広告で、あなたを訴求!

Twitterのタイムラインで、「プロモーション」とラベルの付いたツイートをよく見かけるかと思います。これは広告主が、宣伝を行なっている「プロモツイート」と呼ばれるものです。Twitterの広告には、3つの種類があり、それぞれの特性を活かして、Twitterユーザーへプロモーションを行ないます。今回は、Twitterのプロモーション広告についてみてみましょう!

Twitterプロモーション 〜3つの広告〜

Twitterのプロモーション広告には、「プロモアカウント」「プロモトレンド」「プロモツイート」の3種類があります。

この3つの内、「プロモアカウント」と「プロモツイート」では、ターゲティング広告を行なっています。

Twitterターゲティング広告

Twitterによるターゲティング広告では、広告主は、いくつかの条件を選択し、アカウントとツイートを絞ることができます。ターゲットを絞ることで、狙ったユーザー層へ広告を宣伝することができます。

キーワード:ユーザーのツイート内容や反応したツイートの中からキーワードを探し、適切なユーザーを絞ります。

興味:ユーザーの興味関心から最適なユーザーを探します。

地域:35言語以上使え、国や都市によってターゲットを絞り込みます。

デバイス:78%のユーザーがモバイルデバイスから使用しています。AndroidやiOS、BlackBerryに対応できます。

性別:性別別の製品を宣伝する場合など、男女でターゲットを絞り込むことができます。

既存フォロワーとの類似性:既存フォロワーに類似したユーザーを探します。

プロモアカウント

プロモアカウント

広告主がアカウントを宣伝し、新規フォロワー獲得や広告主を認知してもらうために活用します。プロモアカウントは、ターゲティング広告を行なっており、既存フォロワーに類似したユーザーで、まだ広告主をフォローしていないユーザーの「おすすめユーザー」欄上部に表示されます。

その際、このアカウントの下部には「プロモーション」または「Promoted」のラベルが付くので、他のおすすめアカウントと区別がつくようになっています。

また、エンゲージメント課金なので、ユーザーがアカウントをフォローした際に料金が発生します。

プロモトレンド

プロモトレンド

Twitter Business より)

プロモトレンドでは、24時間の間トレンドの1番上にプロモトレンドが表示されます。「話題のトレンド」と「プロモトレンド」の違いとしては、「プロモトレンド」に「プロモーション」または「Promoted」のラベルが付き、「話題のトレンド」との区別が付くようになっています。1日の間ずっとトレンド最上部に表示し続けるので、多くのユーザーの目に留まり、イベントや商品宣伝などに活用することができます。

「プロモアカウント」や「プロモツイート」のようにエンゲージメント課金ではなく、1日24時間で、420万円という価格設定になっています。

プロモツイート

プロモツイート

プロモツイートでは、広告主のツイートを多くのユーザーに宣伝することができます。ツイートには、「プロモーション」または「Promoted」のラベルが付けられ、他のツイートとの区別が付けられています。ターゲティング広告を行なっており、広告主をフォローしていないユーザーのタイムライン上部に表示されます。

エンゲージメント課金なので、ユーザーが「返信」「リツイート」「お気に入り」「開く」などといったアクションを起こした場合に料金が発生します。しかし、リツイートされたプロモツイートが第3者によって新たにリツイートされても追加の料金は発生しません。

プロモツイートには、「タイムライン」と「サーチ」の2種類があります。

プロモツイートinタイムライン

通常のタイムラインの上部にプロモツイートが表示されるようになっています。他のツイートと同じようなデザインで、タイムラインに溶け込んでいます。

プロモツイートinサーチ

Twitter上で検索した際、上部にプロモツイートが表示されます。検索したキーワードに関連するプロモツイートが表示されるようです。

また、プロモツイートにはいくつかのタイプがあり、中には広告主の工夫も見られるプロモツイートもありました。

モバイルアプリのプロモツイート

Twitter公式モバイルアプリでは、タイムラインの上部に「おすすめアプリ」のプロモーションが、横からスライドしてくる形で入っています。横にスライドしていくので、たくさんのプロモーションを流すことができます。

モバイルアプリのプロモツイート_

文章のみのプロモツイート

文章だけで構成されたプロモーション広告もありました。文章だけでは、ビジュアル面で劣ってしまいますが、より詳細な情報を伝えることができます。また、何日までといった期間を設けて日付を入れることで、目を向けるようにさせています。

文章のみのプロモツイート

また、文字を使ってイラストのように表現したり、縦に書くことで広告枠を長くしたり、広告主の工夫が見られるプロモツイートもありました。文章だけでもアスキーアートのように目立たせたり、縦長に文章を書くことで、目立つようになります。

面白文章

画像付きプロモツイート

画像が添付されている、プロモツイートもありました。こちらはビジュアル面で、タイムラインの中にあっても目に付きますね。

画像だけプロモアツイート

ウェブサイトカード

自社のサイトへ飛ばすリンクボタンが付いたプロモツイートもあります。ウェブサイトカードと言い、ツイートから動画、オーディオを視聴したり、モバイルアプリを直接ダウンロードすることができるカードです。いわば、小さなウェブサイトですね。

ウェブサイトカード

Summaryカード

デフォルトのカードで、ブログ記事や製品紹介、ニュースなどの幅広いツイートに対応しています。

04

大きな画像付きのSummaryカード

Summaryカードの画像が大きく出るようになっており、画像をクリックするとウェブサイトへユーザーを誘導します。

05

Photoカード

つぶやきが写真より下へ表示されます。ツイートの全面中央に写真が表示され、写真をクリックすると詳細が開きます。

02

Galleryカード

写真は、横に並び、4枚の写真を選択することができます。

03

Appカード

モバイルアプリより見ると、アプリのインストールが直接できます。

07_

Playerカード

ツイートから、そのまま動画やオーディオの視聴ができます。

01

Productカード

製品情報を宣伝するのに最適です。

06

いくつかのウェブサイトカードが用意されているので、宣伝目的に合わせて使うと良いでしょう。

プロモビデオ(ツイート)

プロもデビオ

新たにプロモツイートにビデオを含んだ「プロモビデオ」を配信することができるようになりました。プロモビデオのユーザーへの効果は高く、「ブランド好感度」「来店意欲」「商品推奨意欲」の3つの購買行動が、上昇していることがわかっています。

また、動画を視聴した後の行動では、「リツイート」や「お気に入り」、「動画に関するツイート」などが30%以上も増加しており、プロモビデオの効果の高さが伺えます。

video4_

Twitter より)

Twitter Advertising Blogでは、「リアルタイム」と「拡散性」という2つの視点から事例が上げられています。

「拡散性」に注力をおいたプロモビデオでは、ストーリー性のあるビデオで、多くの人の小心を惹き付け、リツイートへ繋がっており、効果が現れています。

ぼでおじれい

Twitter より)

最後に

Twitterのプロモツイート広告をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

Twitterでは、3つのプロモーションから、ユーザーに訴求できます。宣伝目的に合わせて、どのプロモーション広告を使うかが大事になってきます。これからは、ストーリー性や話数などを設けた「プロモビデオ」に強い注目が集まりそうですね。