;
SERVICE

Chromeによる検索がSSL暗号化された今こそ知っておきたいnot providedに負けない方法

shadow
google_analytics
matsushita

Author :  

shadow
google_analytics
  • Recruit
  • Recruit

いつnot provided対策するの? 今でしょ!

ついにきてしまいました、Google Chrome 25。基本的にはChromeのアップデートはユーザーとして嬉しいのですが、このバージョンだけは何とも複雑な気持ちです。

以前から言われているように、このバージョン、全ての検索をSSL暗号化してしまうのです。これをされてしまうと検索ワードが分からない『not provided』が量産されてしまいます。日々Analyticsを見ている方は、not providedに悩まされていることかと思います。

このnot providedがさらに増えるというのですから、なんとも複雑な心境になってしまいます。ちなみに弊社のChrome利用者の割合は全体の30%ほど。今まで全員が全員SSL暗号化されていなかったにせよ、not providedが増えることは間違いないと思われます。

chrome25_ssl

現在ですら40%を占めるnot provided。これ以上増えたら検索ワードが全く分からなくなりかねません。

chrome25_ssl2

しかし、キーワードが分からなくても、ある程度の目星をつけることはできるのです。それには、not providedのユーザーが、どのページへ来ているのかを知る必要があります

簡単に出来るので、早速やってみましょう。

not provided対策

まず、Analyticsの[トラフィック] > [サマリー]から[キーワード]の『レポート全体を見る』を開きます。

chrome25_ssl3

次に『セカンダリ・ディメンション』を開き、『ランディングページ』を選択します。

chrome25_ssl4

キーワードごとのランディングページ(検索から最初にどこへ訪れたか)が分かるようになります。

chrome25_ssl5

ランディングページが分かれば、何となく検索されたワードは検討がつくのではないでしょうか。

1位の『/blog/7319』は「これでばっちり!Facebook広告の種類と特徴・出稿方法・ポイントまとめ!!」です。5番目のページは『Facebook エッジランク(EdgeRank)のまとめ』ですね。Facebook広告とEdgeRankに関して強い関心があるというのが分かります。

みなさんのサイトは、どのようになっていますか? not providedのランディングページを見つけて、考えてみましょう!

SERVICE
  • sns