;
SERVICE

Facebook、認証を行うだけでモバイル決済ができる『Autofill with Facebook』をリリース

shadow
facebook_credit
matsushita

Author :  

shadow
facebook_credit
  • Recruit
  • Recruit

モバイルで決済を行うときの障壁を減らして、モバイルコマースを飛躍させられるか?

Facebookは9月23日、『Autofill with Facebook』と呼ばれるモバイル決済サービスをリリースしました。これはBraintreeと連携しており、現在はJackThreadsとMosaicというECアプリで利用可能となっているとのことです。また、PayPal、Stripeとも連携について交渉中であるとのこと。

Facebookに住所やクレジットカード情報を登録することで、ユーザーはFacebookの認証を行うだけで決済を行えるようになります。ちなみに支払い情報はこちらで見られます。現在は一部のユーザーのみ可能となっていますが、Techcrunchによれば、Facebookに支払い情報を登録しているユーザーは今週中にも使えるようになるとのこと。

ECサイトで決済を行ってもらい、コンバージョン率を上げるとき苦労するものとして、入力情報をいかにして減らすかというのがあります。決済をより簡単に導入、そしてコンバージョン率をあげるための方法のひとつに、PayPalやStripeなどのサービスを用いる手立てもあるでしょう。

しかし、どのようなサービスを使うにしても、ある程度の情報を入力する必要があります。この点は、特にモバイルでは致命的です。モバイルの小さな画面でフォームをクリックし、文字を入力するのは、とても面倒なことです。

しかし、今回出てきたAutofill with Facebookは、ユーザー認証を行うだけで決済が可能になります。ソーシャルログインは、ユーザー登録を容易にしました。それと同じく、決済を簡単にすることでしょう。

収益先をモバイルに向けているFacebook。このプロジェクトも、広告と同様に、成功を収めることができるのでしょうか。Facebookが成功を収めた方程式は、ユーザーを集めて、収益化を図るということでした。今回も、利用できるサイトを増やして収益化を図っていくと思われます。

また、これはスマートフォンのアプリ上で提供されているものです。ECをスマートフォンで行いたいと思うユーザーは増えています。一方で、現在のユーザー動向としては、欲しい商品をスマートフォンで探しつつ、デスクトップで購入を行うというのが主流となっています。デバイスを移る理由のひとつとして、決済が簡単に行えないというのがあるかと思われます。デバイス間を移動する必要性を無くすことで、コンバージョン率の上昇も見込めるでしょう。

「アプリに、このシステムを導入することで売上の上昇する」というデータを示すことで、アプリインストール広告の売上も上昇するでしょうから、Facebookにとっては一石二鳥の効果がありそうです。

現在行っているテストに参加したい方は、こちらから登録申請を行えます。英語になっていますが、フォームも少なく、簡単に完了できますので、興味がある方はぜひ。

(Photo: Japan wallet 😀 by Karl Baron)

SERVICE
  • sns