;
SERVICE

バックリンク(被リンク)の5つの評価方法

shadow
website-backlink
matsushita

Author :  

shadow
website-backlink
  • Recruit
  • Recruit

スパムリンクだけを否認して、自分のウェブサイトの価値を高めよう

良質なインバウンドリンクを構築する際、そのリンクの“質”を測るのは中々骨が折れる作業ではないでしょうか。パッと見で判断できればよいのですが、全てがそうではありません。

そのリンクを評価する5つの方法を『Five backlling metrics to elude the dreaded Penguin』を参考にまとめてみました。

バックリンクに関する5つの評価方法

1. デザイン

ウェブサイトのデザインは最も簡単な評価方法です。100%確実な判別はできませんが、取り急ぎな判断ができるでしょう。

識別方法

自分の目で確認します。

チェックポイント
  • サイトが更新されているか:更新されないサイトはバックリンクを集めているだけで、効果はありません。
  • 広告の量が過剰ではないか:Googleの検索画面程度の広告量なら問題はないとのこと。詳しくはこちら
  • 外部リンクが多すぎないか:サイト更新頻度と同じく、バックリンクを集めているだけの可能性が高いでしょう。
  • 画像サイズは適切か:他サイトからコピペした記事は画像サイズが不適切なものになっています。
  • 連絡先の情報を確認する:特にビジネスサイトであれば、電話番号やメールアドレスなどの記載が基本です。

2. ページランク

こちらも非常に簡単です。ページランクをチェックすることで、そのページがスパムサイトか、優良なサイトかをある程度判断することができます。ただ、ページランクは一定周期で変わるものであり、ページランクを測定するページランクチェッカーも時々不正確な結果を返してくることもあるので、注意が必要です。

識別方法

Internet Explorerを使用している場合:Google toolbar

Google Chromeを使用している場合:PR Checker

チェックポイント
  • ページランクがゼロ:作り立てのウェブサイトである可能性があるため、一概には判別できず、デザインを見る必要があるでしょう。
  • ページランクが5以上:一般的に、ページランクが5以上のサイトは非常にランクが高いサイトです。しかし前述の通りチェッカーの誤りである可能性も否定できないため、デザインによる評価を優先することをオススメします、

3. トラフィック

ウェブサイトのトラフィックも、サイトの善し悪しを判断するひとつの要素です。基本的に、良いサイトにはトラフィックが集まり、悪いサイトにはトラフィックが集まりません(検索エンジンやソーシャルメディアで、そういう世の中になりつつあります)。また、スパムと判断されたサイトはインデックス化もされず、検索エンジンに表示されないため、いわゆるオーガニックトラフィックが発生しません。つまり、スパムかどうかを判断する上でも有効になります。

識別方法

Alexa

チェックポイント
  • 類似サイトとのトラフィックレベル:同じ種類のサイトと比べて著しくトラフィックが低い場合、Googleから何らかのペナルティをくらっている可能性があります。
  • トレンド:トラフィックの成長や減少がグラフで見られます。多少の上下であれば考慮する必要はありませんが、トラフィックが急激に下がっている場合、パンダアルゴリズムやペンギンアルゴリズムによってペナルティをくらっている可能性があります。

4. バックリンク

良いバックリンクを得ているサイトは、Googleからも高い評価を受けていることがほとんどです。逆に低質なバックリンクが多ければ、犬小屋ならぬ“ペンギン小屋”に連行されて、アルゴリズムによって処断されている可能性が高くなります。

識別方法

BacklinkWatch

Open Site Explorer

チェックポイント
  • リンクの多様性:例えば1000のバックリンクを持っているとして、それが少数(3〜4つ)のドメインで構築されていれば、大きな問題を抱えているかもしれません。
  • バックリンクの権威性:バックリンクのバックリンクが持つ権威性も重要です。例えばYahoo!やCNETなどからバックリンクを得ているサイトは、権威性が高くなります。
  • スパムサイト:そのウェブサイトと全く関係がないアンカーテキストへのリンクが大量にある場合、スパムサイトの可能性は非常に高くなります。ディレクトリサービスがやたらと多いサイトも要注意です。

5. ソーシャルシグナル

ソーシャルメディアでの共有は検索エンジンに影響を与える、与えないという議論は尽きませんが、mozのリサーチによれば、少なからず関係があるようです(ただし、それほど大きくないとも)。どちらにしても、良質なサイトはソーシャル上で話題になることも多いため、ひとつの参考にはなるでしょう。

識別方法

ShareTally

チェックポイント
  • ソーシャルでの言及回数:Facebook、Twitter、Google+の数値は特に注目してみましょう。それらの数値が多い場合はpocketにもよく入れられています。すると、自然と多くの場所で言及されるようになります。
  • 実際の言及:コメント内容を見れば、スパムかどうかの判断を行うことが出来ます。

まとめ

  • デザイン
  • ページランク
  • トラフィック
  • バックリンク
  • ソーシャルシグナル

5つの判別方法が上げられましたが、元記事の著者David Leonhardt氏はデザインを重視すべきだとしています。その理由はページランクやトラフィックは変動的なもので、確実性は“自分の目”に劣るというニュアンスです。デザインを見た上で、バックリンクやソーシャル上の言及を確認すると良いバックリンクを選択することができるでしょう。

(Photo: Chained by Daniel Kramer)

SERVICE
  • sns