;
SERVICE

あなたのウェブサイトは大丈夫? ONPAGE SEO TOOLを使ってウェブサイトの内部対策を診断してみよう!

shadow
seo
matsushita

Author :  

shadow
seo
  • Recruit
  • Recruit

自分達で出来ることから。(On-Page)内部SEOを診断してみよう

ウェブサイトに内部的な検索エンジン対策(SEO)を仕掛けることを、On-Page SEOと呼びます。

Googleが発行する「Google検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」には、“このようにウェブサイトを作成すると効果的です”というマニュアルが書かれており、それに沿って作ることでOn-Page SEOを行うことができます。一例として、以下のものがあげられます。

  • キーワードの選択
  • ページタイトル
  • メタディスクリプション
  • URLの最適化
  • H1タグ
  • ページコンテンツの最適化
  • 内部リンク
  • 画像の最適化

もちろん、他にもCSSやウェブサイトの構造など、やるべきことは多々ありますので、本当にただの一例に過ぎません。

今、あなたのウェブサイトには適切なOn-Page SEOが施されていますか? それをはっきり見ることができる『ONPAGE SEO TOOL』を使って、確認してみましょう。

ONPAGE SEO TOOL

利用方法は簡単。ページにアクセスして、Type the URLと書いてあるところへ、診断したいウェブサイトのURLをコピペします。

onpage-seo

あとはCheck On-Page SEO scoreをクリックするだけで診断してくれます。

onpage-seo-tool

診断してくれる項目は、以下の11個です。

  • キーワード密度(Keyword Density) : ウェブサイト中に出てくる主要なキーワードの頻度。ただ、ここはあまり気にしなくても大丈夫です。
  • タイトルタグ : ウェブサイトのタイトル。
  • メタディスクリプションタグ : ウェブサイトの簡単な説明文。
  • URLタグ : ウェブサイトのURL。
  • H1タグ : ウェブサイトで表示される、最も重要な単語・文章に用いられるタグ。1ページ、1H1タグが原則。
  • イメージタグ : いわゆる<alt>タグで、検索エンジンのクローラが参考する画像ファイルの名前。
  • H2, H3タグ : ページで表示されている重要なキーワード。優先度はH1 > H2 > H3タグ。
  • テキストの割合 : ウェブページのテキストの割合。
  • キーワードタグ(Keyword focus Tag) : そのページをどのようなキーワードで検索して欲しいか、というタグ。
  • アンカータグ(a href Tag) : ウェブサイト中のリンクが適切に貼られているかどうか。
  • カノニカルタグ(rel canonical Tag) : 例えばwww.があるものと、なしのものを統一するもの。301リダイレクトにより、正しいページへ移動させる。

最後に

みなさんのウェブサイトはどうでしたか?

On-Page SEOは、Off-Page SEOと合わせた場合、効果が及ぶ範囲は全体の3割だとも言われています。しかし、SEOだけでなく、ユーザーのウェブサイトの使い勝手にも関わってくるものなので、適切にOn-Page SEOを施せるよう心掛けるとよいでしょう。

SERVICE
  • sns