;
SERVICE

超カンタン! Facebookページの投稿にCall to Action Buttonsを埋め込む方法!

shadow
facebook-update-logo
matsushita

Author :  

shadow
facebook-update-logo
  • Recruit
  • Recruit

たった4ステップでアクションを促せる!

先日、Facebookのページ投稿広告(プロモーテッド・ポスト)でCall to Action(CTA : アクションの呼びかけ)ができるようになったと書きましたが、実は広告でなくともCTAを埋め込めるようです。しかも、超カンタンに!

方法を解説する前に、まずは投稿内に埋め込めるCTAの概要についてサラっと触れておくと、Power Editorでリンク付きのページ投稿広告を作成すると、アクションの呼びかけを行えるようになりました。そこで行える呼びかけは、以下の5つです。

  • 購入する
  • 詳しくはこちら
  • アカウント登録
  • 予約する
  • ダウンロード

このCTAを入れた投稿は、こんな風に表示されます。

facebook-page-post-ads-cta-view(これだとディスクリプションが入っていませんが、もちろん入れられます)

それでは、これを通常のページ投稿で行ってみましょう!

1. Power Editorを開き、「Facebookページを管理」を選択する

まずPower Editorを開き、「Facebookページの管理」を選択します。

facebook-post-include-cta

2. 投稿したいページを選択し投稿の作成画面を開く

投稿を行いたいページを選択し、「投稿を作成」をクリックします。

how-to-post-include-cta

3. 投稿を作成する

投稿の作成画面が開かれるので、実際にCTAを埋め込む投稿を作成しましょう。

  • URL : アクションを呼びかけるリンク先
  • 投稿テキスト : 投稿を行った際に表示されるテキスト
  • アクション : 呼びかけたいアクション(CTA)
  • リンクの見出し : 表示されたリンクのページ名
  • リンクを表示 : リンク先のキャプチャーで、新しいニュースフィードには表示されないため、設定の必要はありません
  • 説明 : リンク先の説明
  • 写真 : リンクを紹介する画像

how-to-post-include-cta-2

試しに、この記事で投稿を作ってみました。

sample-facebook-page-post-include-cta

「投稿を作成」をクリックすると作成が完了しますが、公開はまだされません。

4. 投稿を公開する

特定の投稿にカーソルを合わせると、投稿のプレビューが表示されます。

facebook-page-post-cta-preview

このプレビューに問題がなければ、投稿の公開設定に入りましょう。公開設定を行いたい投稿を選び、「投稿の公開」をクリックします。

how-to-public-cta-post

投稿の公開は、即時公開と投稿予約が行えます。即時公開の場合は、「投稿の公開」から、「今すぐ公開」を選択して、「投稿する」をクリックしましょう。

how-to-public-cta-post-now

日時を指定して投稿を行う場合は、「投稿時間を指定」を選択し、公開したい日時を設定します。設定が完了したら、「投稿する」をクリックしましょう。

how-to-public-cta-post-later

最後に

アカウント登録や、資料請求などの基本的なCTAの使い方から、文章を気になるところで止めて「詳しくはこちら」を埋め込むなど、様々な使い方が考えられます。

と、非常に簡単に使えますのでテストを行って、使い勝手や効果を試してみましょう!

SERVICE
  • sns