;
SERVICE

10代〜20代でアプリからSNSへ動画を投稿したことがあるのは16.6%、ジャストシステム調査

shadow
smartphone-social-movie-and-snap
matsushita

Author :  

shadow
smartphone-social-movie-and-snap
  • Recruit
  • Recruit

企業のキャンペーンに積極的な意思を見せたのは18.9%

ジャストシステムは、自社で提供するサービス「Fastask」を利用し、10代〜20代に向けてスマートフォンの画像・動画利用についてのアンケートを行い、結果を公開しました。

日本の中でも最も活発にスマートフォンを活用しているであろう学生が総数の52%を占めており、非常に興味があったので、ご紹介します。

10代〜20代が動画投稿しているSNSアプリは何?

このアンケートは回答者の総数1225人で、65%の797人が女性です。職業は52.9%が学生、パート・アルバイトが11.7%、会社員(事務系)が10.3%と続いています。

認知度

まず、アプリの認知度のアンケートから始まり、ここでは5つのアプリの認知度と利用状況について質問されます。

  • Vine
  • Instagram
  • ツイキャス
  • Snapchat
  • Yahoo!コミュカメラ

この中で最も利用者が多いのはInstagramの15.3%で、やはり画像は最も手軽に使えるため強いのでしょう。次点でツイキャスの10.2%、Vineの6.0%が続いています。SnapchatとYahoo!コミュカメラは共に4%台で、若干差があるようです。

「以前は利用していたが今は利用していない」項目はツイキャスが最も多く、7.2%となっています。それにInstagramの5.4%、Vineの4.1%と続いており、SnapchatとYahoo!コミュカメラは共に3%台となっています。

上記項目と「名前を知っているが使用したことがない」と答えたものを認知度として数えてみると、最も認知度が高いアプリはツイキャスの48.3%で、Instagramは45.8%、Vineは31.1%です。SnapchatとYahoo!コミュカメラは、同じく19%台となっており、低迷なようです。

動画撮影と投稿

認知度で質問したアプリに限らず、スマートフォンから動画を投稿したことがある人は16.6%の203人に留まります。したことはないと答えたのは72.2%で891人です。

上記質問のうち、あると答えた人が最も多く利用しているのはLINEで、70.9%を占めています。次に多いのがFacebookで、SNSアプリで撮影し、投稿を行う人は多いことがわかります。また、FacebookとInstagramを合計すると76.3%(45.5% + 30.5%)となっており、LINEよりも多くの人が使っていることになります。そこからツイキャスの25.6%、Yahoo!コミュカメラの20.7%、Vineの14.8%が続いています。

投稿頻度は週1回以上が25.1%と最も多く、2〜3週に1回程度と1ヶ月に1回程度と答えた人を合わせると65.5%となり、動画投稿を行う人の半数以上は月に1度以上が投稿を行っているようです。

投稿内容

5番目に、どんな動画を投稿するかという質問が行われています。ここで最も興味深いと感じたのは、自分を撮影した映像を投稿する人が最も多い、という点です。項目としては、「自分をかっこよく(きれいに)撮影した映像」「自分をおもしろおかしく撮影したネタ映像」で、2つを合計すると40.4%で、単独1位の自分以外の人を撮影した映像の38.9%を抜いています。欧米では自撮りのことをセルフィーと呼び、若者を中心に流行となっていますが、日本でも同じような傾向にあるようです。

他人の動画を見たことがあるか

SNSで他の人の動画を自発的に見たと答えた人は429人で35%にあたります。自発的に見る理由として最も多いのは、「笑えそうな感じがしたため」です。やはりエンターテイメント性が高いものは多くのユーザーが食いつくようですね。もうひとつ、動画の評価が高かったためというのも50%を超えており、こちらはより目的なくSNSアプリを利用しているときに見つけたものを視聴したものではないでしょうか。

企業のキャンペーンについて

最後に、企業がSNS上で行うキャンペーンについて、参加する気はあるかという質問が行われました。過去に参加したことがある人は54人で4.4%となっています。次項目の「機会があれば動画投稿キャンペーンに参加してみたいと思っている」と答えたのが178人で14.5%であり、キャンペーンへの参加意欲がある人は過去にSNSへ動画を投稿したことがあると答えた人とほぼ同数程度いることがわかります。また、キャンペーンに参加してみたいとは思わないと答えた層も18.2%いるものの、よく知らないと答えた層も44.7%いるため、今後参加したいと考える人は増えることが期待できます。

最後に

みなさんは、SNSで動画を使っていますか? 以前の調査でVineとツイキャスの10代からの認知度は高いという結果がありましたが、今回もそれと似た部分もありつつ、Instagramの強さが分かりますね。

そして、意外だったのは自発的に動画を見たという層が35%程度ということです。まだ、SNS上で動画が見たいと思ったり、探したりする人はそれほど多くないのでしょう。YouTubeのように目的の動画が簡単に探せるようになれば状況が変わるのではないでしょうか。

最初の貼ったリンクから、詳細なデータが分かるフルレポートがダウンロードできますので、興味がある方は是非ダウンロードしてみてください!

(Photo: HTC One(M8) by Kārlis Dambrāns)

SERVICE
  • sns