;
SERVICE

Google+マニュアル@企業活用編その3

shadow
google+_fun_logo
matsushita

Author :  

shadow
google+_fun_logo
  • Recruit
  • Recruit

Google+マニュアル第7回目! 今回は日本でGoogle+を活用している企業を見ていきましょう!

前回、Google+を企業が活用するメリットを考えました。

3大メリットを復習すると、Google+ダイレクトコネクト、Search plus Your World、Google+ローカルがあります。それぞれが個人の検索結果に反映されるため、SEO的にも大きな効果があります。

今回はGoogle+を実際に活用している企業を見ていきたいと思います。

Google+ランキングから見る日本企業

ユーザーローカルさんが提供しているGoogle+ランキングというものがあります。こちらは個人、Google+ページ、AKBと分類されており、ランキング形式でファン数が多い順に見ることができます。こちらのGoogle+ページランキングを見ていきましょう。

User Local Google+ ランキング G+Navi:http://gplus.userlocal.jp/

まず特徴となるのが、7位まで日本企業の英語ページに独占されていることです。

1位:PlayStation:https://plus.google.com/+PlayStation/

2位:Hello Kiity:https://plus.google.com/+HelloKitty/

3位:TOYOTA:https://plus.google.com/+toyota/

4位:Nissan:https://plus.google.com/+Nissan/

5位:Uniqlo:https://plus.google.com/+Uniqlo/

6位:Sony:https://plus.google.com/+Sony/

7位:Sony Xperia:https://plus.google.com/+SonyXperia/

しかも7位のうち、3つがSony関連のページです。業績が悪化しているとはいえ、さすがは世界のSonyと言ってもよいかもしれません。

8位より下が日本語ページになります。

8位:Google Japan:https://plus.google.com/+GoogleJapan/

9位:初音ミク:https://plus.google.com/117525656268411212735/

10位:朝日新聞:https://plus.google.com/111367291029457832405/

ところで、9位の初音ミクと、10位の朝日新聞はまだカスタムURLがないようです。恐らく作るための条件は満たされていると思うのですが、なぜでしょう?

10位までを振り返ると、誰でも知っているような大企業ばかりです。Google+ページを宣伝するには、基本的には良質な投稿を共有してもらうか、他のチャンネルで紹介するしかありません。後者のことを考えると、10位までの結果は当然の結果のようにも思えます。

では、中小企業や地域店舗がGoogle+を活用するのは難しいのでしょうか?

そんなことはないと思います。

現在日本でも使えるGoogle+プレイスの機能は、大企業よりも、むしろ中小企業や地域店舗の方が活用しやすいはずです。HPを持っていても検索結果でなかなか上位に上がれないとしても、Google+ページを活用していれば、位置情報を使って店舗まで案内してくれるのです。

「そうは言っても活用方法がわからない」という方に、こちらのページが参考になると思うので、紹介いたします。

筋肉料理人:https://plus.google.com/+筋肉料理人/

Google+ページランキング30位の、筋肉料理人というページです。

このページでは通称・筋肉料理人が毎日朝晩2回、料理の豆知識や作り方を解説してくれます。丁寧な解説や、マメにコメントを返してくれるので、個人のページにも関わらず、3万人以上のファンがついています。

また、Google+だけではなく、Youtubeも使って動画による解説も行っています。

YouTube Preview Image

広告がないGoogle+なので、こうして幅広い間口を使うことも重要になります。

これからGoogle+を活用しようとするみなさんにも、Youtubeやブログを同時に使って、幅広くファンを作る方法をオススメします!

SERVICE
  • sns