;
SERVICE

ハプニング続出?!大阪、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®」へ行ってきた!

shadow
usj_i
春山 侑紀

Author :  

shadow
usj_i

ハプニングにも負けずにUSJを巡る!

9月も下旬になり、日差しが強くても秋風を感じる季節になりました。今回は、先日大阪にある『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®』へ行ってきたので、初体験のUSJの雰囲気や感じたことなどを紹介していきたいと思います。

 新エリアオープンで、来場者数増加!

タイトルにある通り、今回初めて行ったUSJは、ハプニング続出でした!現在USJでは、7月15日に新しくオープンした新エリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™」が話題で、8月の1ヶ月の来場者数は133万人と、2001年の開業年の8月の来場者数132万人を上回る盛況ぶりを見せています。また、9月の1ヶ月の来場者数は135万人と増えており、2ヶ月連続で過去最高の来場者数を記録しました。1日の来場者数を混雑予想カレンダーから推測すると、約2.8万人の人々が訪れていることになります。

usj15

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン / wikipedia より)

今までの『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®』年間来場者数は、開業年の1,102万人が最も多いですが、2014年4月から9月までの来場者数は、555万人を記録しており、今年の年間来場者数は開業年の記録を超えるのか楽しみです。

初めての『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®』!

9月21日の日曜日、公式サイトには開園時間“9:00”と書いてありましたが、どうやら混み具合によって、開園時間が早まるとの情報を耳にし、“8:00”にユニバーサルシティ駅へ到着しました。8時に到着したのにも関わらず、駅にはすでに多くの人でごった返しています。

usj001

ここで、第1ハプニング発生です!一緒に来ていた友人がスマートフォンを車内で落としてしまいました。車内で使っているのを見ていたので、どうやらポケットから滑り落ちてしまった模様…。見つかったら連絡をくれるように駅員さんに頼み、パーク入口へ向かいます。

駅についてすぐパークの入り口があるかと思いきや、少し歩くようなので、急いで向かいます。駅からパークの入口の道中には、たくさんのお店が軒を連ねていました。飲食店や洋服ショップなど、パーク外でもお金を使う道筋ができている辺り、大阪ならではの商売気質と感じました。

usj02

パークの入口に到着しました。パーク外から見えるジェットコースターは、すでに動いており、乗っている人たちの叫び声が聞こえています。入口には、大きくハリー・ポッターの広告があり、話題の高さが伺えます。テレビでしか見たことがない、ユニバーサルの地球の前では、写真撮影に勤しむ家族連れがおり、地球の周りからは、霧の演出が涼しさを誘っていました。

usj003

いよいよ入場します!チケット売り場には、長蛇の列ができています。チケットは先に買っておいたので、エントランスへ進みます。混雑を回避するなら、ローソンやWEBで事前にチケットを購入しておくのが、おすすめです。エントランスでも列ができているほどの混み具合でした。

usj04

待っている間に「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®公式アプリ(Android/iPhone)」でアトラクションの待ち時間をチェックします。公式アプリは、常にGPSをオンにしないと待ち時間などが見られないので、電池の消耗を抑えたい時は、別のアプリを活用するのもおすすめです。

usj22

  • USJの待ち時間 -1-:Android
  • USJの待ち時間 -2-:Android
  • 待ち時間 for USJ:iPhone
  • アトラクション待ち時間:iPhone

入場しました!駅に到着してから、30分もかからない程度でパークへ入場できました。パーク入口から真っ直ぐ進むと、アーケードのあるお土産ショップの通り道が来場者を出迎えてくれます。まっすぐ先に大きく見える橋は、パーク外の橋ですが周りの風景と溶け込んでいるので、あまり気になりません。

usj05

今回は、税込6980円の「1デイ・スタジオ・パス」のみの購入だったので、パークに入場してすぐにハリー・ポッターの整理券を取りにいきます。「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®」では、様々なチケットが販売されており、アトラクションの待ち時間を短縮できる『ユニバーサル・エクスプレス®・パス』などがあります。『ユニバーサル・エクスプレス®・パス』だけでは、入場できないので、別途「1デイ・スタジオ・パス」を購入しなければなりません。

usj06

販売されているチケットが何種類かあるので、複雑ですが、お金を出してもう1枚チケットを買うと、アトラクションが早く乗れるよ!というイメージです。気をつけたいのは、『ユニバーサル・エクスプレス®・パス』は入場日によって価格が違うので、購入する際は注意しましょう。

ハリー・ポッターの整理券配布会場へ着きました。この辺りは、みんな目的が一緒なのか人混みが激しくなっているので、はぐれないようにしましょう。整理券は、基本的に1グループの代表者が、グループ全員の入場チケットを預かって、発券しに行くので、予め集合場所などを決めておくと便利です。パラソルの下に発券機があるので、そこを目指して行きます。午前8時半の時点で、「10:30〜11:30」の整理券を取ることができました。 usj07

整理券配布会場を出ると、すぐ横に待ち時間の案内板があるので、待ち合わせ場所には丁度良いかもしれません。待っている間に公式アプリや案内板を活用して、次にどのアトラクションに乗りにいくか決めておくと、整理券を貰ってすぐに動くことができます。

usj008

公式アプリの45分待ちという情報を頼りに「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D」へ向かいます。列に並んで、列がアトラクション入口付近に来るともう“90分”になっていました。

usj09

順調に並んでいたのですが、ここで第2ハプニング発生です!どうやら並んでいる最中にハリー・ポッターの整理券を落としてしまいました。パンフレットに挟んでいたため、知らないうちにヒラヒラどこかに落ちてしまっていたようです。スパイダーマンでは、最後に写真を撮ってくれるのですが、写真もお構いなしに足早に遺失物の問い合わせや拾得物のお預かりなどを行なっている「ゲストサービス」へと向かいます。

usj10

クルーの方によると、整理券がないとハリー・ポッターエリアには入れないとのこと。「東京から来たんだ!」「ハリー・ポッターのために来たんだ!」と言っても整理券がないと、エリアには入れません。時々、整理券などが落し物として届くこともあるそうですが、誰かが拾って誰かか使ってしまってもわからないので、恐らく誰かに拾われたかゴミになってしまったのでしょう。

気を取り直して、パークを周ります。スヌーピー™とチャーリブラウンに出会いました!ハロウィーンの期間だったため、お菓子を配って写真撮影に応じていました。

usj11

休憩するため、「スヌーピー™・バックロット・カフェ」へ到着しました。ユニバーサル・ワンダーランドエリアにあるためか、家族連れで混雑しており、席を確保するのも一苦労な状態でした。スヌーピー™のかわいさも相まって、整理券を落とした悲しみが癒えていきます。座席は、商品を購入してからでも購入する前に確保してもどちらでも良いそうです。

usj12

軽く食事を済ませ、パーク内を回遊していたら、マリリンモンローに遭遇しました!こちらでも写真撮影とお菓子の配布で賑わっています。マリリンの後ろには長蛇の列ができていて、列はもう締め切られていました。

usj1

ビバリーヒルズ・ギフト」に「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™」のお土産があると聞きつけ、向かってみます。場所がわからない時は、公式アプリのマップが見やすいので、場所を確認するのに役立ちます。

usj23

ハリー・ポッターのグッズは、エリア内でしか購入できないかと思っていましたが、店内には、ハリー・ポッターの商品が並んでいました。杖やぬいぐるみ、お菓子など一通りの商品は揃っていたように見えました。白フクロウのぬいぐるみが人気なのか、みんな珍しそうに触っています。 usj013

USJでは、お土産を買うと、紙袋に入れてくれるのですが、取っ手がないので、たくさんお土産を買う予定なら、大きめの手提げ袋などをいくつか持っていくと安心して、買い物することができます。パーク内にもキャラクターが描かれた手提げ袋が販売されているので、お土産に手提げ袋を購入するのも良いかもしれません。

また、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®公式アプリ」には「ワンダー・マネー」というパーク内のショップやレストランで使用できる電子マネー機能が利用できます。Clubユニバーサルに事前登録しておけば、すぐに利用することができ、チャージ(1,000円から10万円まで)は、パーク内の「ワンダー・マネー」が利用できるショップやレストランで、行なうことができます。有効期限は、支払いやチャージをしてから2年間あるので、ある程度、使う分をチャージしておけば、手持ちの現金は少なくても、安心して遊ぶことができます。

usj24

このストーンヘンジのような遺跡を抜けると、新エリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™」へ行けるようですが、指をくわえて眺めているしかないので、通過します。真っ直ぐ歩いていくと、「アミティ・ビレッジ」というジョーズ®のエリアへ入りました。パーク内には、“サーティワンアイスクリーム”でおなじみの「Baskin-Robbins」の看板があり、暑さもあってか、アトラクション並みに人が並んでいました。

usj16_1

先に進んでいくと、捕まったジョーズ®がいました!どうやら一緒に記念撮影ができるようで、みんなジョーズ®の口に頭を突っ込んで撮影していました。ジョーズ®と一緒に記念撮影するのにも列ができており、休日の混み具合がよくわかります。

usj17

60分待ちとあった「ジョーズ®」へ並びます。ボートに乗って、サメがいる海へ航海へ出かけるアトラクションで、炎を使ったり、水しぶきがかかったりと、迫力満点のアトラクションです。実際に並んでみると、30分程度で乗ることができました。

usj18

ジュラシック・パーク®」エリアの入口近くを探索していたら、クルーの方が「『ウォーターワールド®』本日の最終ショーですー!」との呼びかけが聞こえてきたので、見てみることになりました。会場内に入ると、すでに始まっていたようで、客席はいっぱいの状態でした。アトラクションより、水しぶきや炎の演出が大きく、ショーだけにこちらも迫力満点で観客を楽しませていました。

usj19

そろそろ帰る時間が近づき、このまま何もハプニングが起こらないことを祈りつつ、パーク内を回遊しながら出口へ向かいます。夕方に近づいていましたが、パーク内はまだまだ人混みや混雑があり、賑わいを見せていました。また、ハロウィーン期間ということもあり、パーク内の所々にはカボチャをモチーフにしたオブジェやハロウィーンカラーで飾られたワゴンなどがありました。

usj20

夕方近くの午後4時頃でもお土産ショップが建ち並ぶアーケード付近は、混雑している様子でしたが、夕方に帰る人は少ないのか、出口付近は人がまばらにいる状態でした。出口を出て、チケット売り場を見ると、夕方から入場する人も多く、長い列ができていました。チケットの種類には、午後3時から入場できる「ハロウィーン・トワイライト・パス」もあるので、夕方でも混雑はまだまだ続きそうです。 usj21

最後に

午後からは、ハプニングも収まってくれたようで、安心してUSJを巡ることができました。USJの雰囲気や体験など、伝えることができましたでしょうか。USJでは、アトラクションやショーなどに実際の炎や水などを使ったリアルな演出が多く、映画を間近で見ているような迫力を感じることができます。残念ながら、話題の「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™」をお伝えすることができず、無念ですが、ぜひUSJを訪れた際は、整理券を活用して、行ってみてくださいね!

SERVICE