キーワードのトレンドチェックはGoogleアラートで

ネット上での情報収集みなさんはどのようにしていますか?

  • お気に入りのサイトを定点観測
  • ニュースサイトを閲覧
  • RSSフィードからまとめてチェック
  • キュレーションアプリ、サービスを活用
  • ソーシャルメディアに流れてくる情報をチェック

などなど、人それぞれ自分のスタイルに合わせて、またチェックしたい情報によってさまざまあることでしょう。
マーケティングや宣伝、営業を担当している方々は特に仕事上チェックしたいキーワードは色々とあると思いますが、世の中でどのように言及されているのか、どのような記事が注目されているのかチェックしたくないですか?

私が活用している方法の1つ「Googleアラート」について今回はご紹介したいと思います。

Googleアラートって?

Googleアラートとは自分がチェックしたいキーワードを登録しておくことで、登録したキーワードを含むページがインデックス化されるとメールで通知してくれるサービスです。

趣味のキーワードを登録することで、最新情報やそのキーワードが言及されたBlogなどを見逃すことが少なくなります。エゴサーチの如く自分の名前を登録しようと思う人も入るかもしれないですね。

弊社のサイトを見て頂いているみなさんは、企業でマーケティングやWEB担当をされている方が多いのではないでしょうか?
日々の業務で忙しく中々情報収集の時間が割けない方々には、自分の仕事に関連したキーワードを登録することで効率よく情報収集することができます。

例えば私の場合「WEBマーケティング」を登録してあり、毎日以下のようなメールが届きます。
Google_alert

それでは実際に登録方法を紹介します。

【事前準備】Googleアカウントを作る

Googleアカウントを持っていればすぐに登録できますが、持っていない方はまずはGoogleアカウントを作成してください。

Googleアカウントの作成

Googleアラートの画面でキーワードを設定する

Googleアラートの設定画面でキーワードを登録します。
以下の画面の「アラートを作成」の入力エリアに自分がチェックしたいキーワードを入力します。

google_alert_regist-min

例えば「インバウンドマーケティング」を入力すると以下のようになります。

inbound-min

詳細設定をする

「アラートを作成」のボタンを押して完了する前に、ボタンの右側にある「オプションを表示▼」をクリックして、詳細設定をしましょう。因みに後からでも変更は可能です。

detail-min

それぞれについて簡単に解説します。

  • 頻度:「その都度」「1日1回以下」「週1回以下」の3つから選べます。キーワード内容や情報の追い方次第ですが、個人的には「1日1回以下」がオススメです。
  • ソース:「自動」「ニュース」「ブログ」「ウェブ」「ビデオ」「書籍」「ディスカッション」から選べます。特定の情報だけチェックしたい場合は選択することもあるかと思いますが、「自動」がよいかと思います。
  • 言語:各国の言語が選べますが、国内でのビジネスであれば「日本語」のままで問題ないです。
  • 地域:言語と同様に各国から選べます。概ねデフォルトの「すべての地域」ままで問題ないです。
  • 件数:「上位の結果のみ」「すべての結果」から選べます。重要な結果だけを知りたい場合は、「上位の結果のみ」を選択し、全体的に情報収集をしたい場合は「すべての結果」を選びましょう。
  • 配信先:「登録メールアドレス」「RSSフィード」から選べます。使いやすいほうがいいかと思いますが、メールのほうが日常チェックしやすいかと思います。

設定以後届く件数が多すぎるとか逆に少なすぎるなどの場合は、「アラートの編集」で再設定はできますので試してみてください。

インバウンドマーケティングやコンテンツマーケティングを実践する際に、自社のビジネスに関連するキーワードがどのように語られているのかをウォッチすることは重要です。チェックツールとして使ってみては如何でしょうか?

//