日々のコンディショニング管理アプリ?ハイ、作れます。

一に健康、二に健康、三、四がなくて五に何とやらという諺があったとかなかったとか。
私自身も小さい頃より健康に関しては人一倍気を使って生活してきました。
そもそもが心配性で「盲腸かも?」と思って病院に行ったことは何回もあります。
結果的にまだ一度も盲腸を経験出来ていないですが。

健康というものは年に一度、健康診断の際だけ気にするものではなく
日々気にし続けなければ意味も効果もありません。
とは言え毎日自分の体を管理できるほど
人間出来ていない人も多いはずです。

そんな三日坊主的予備軍の方々にとって
現代生活は便利になりました。

毎日持ち歩くもの。
現代人にとってなくてはならなくなったもの。
そうです。
携帯電話、そしてスマートフォンです。

日々の生活と同期しているからなのか
時代として健康志向が高いのかは不明ですが
巷においても色々なコンディション管理アプリが溢れています。

ということで弊社にも一年半程前に開発依頼のお声掛けを頂きました。

「日々のコンディショニングを管理するアプリ作れる?」
「ハイ、作れます。」

即答したのには裏付けがありました。

ハイベロシティアプリ実績 DOITRACKER

https://itunes.apple.com/jp/app/doitracker-free/id391085062?mt=8

apps_results_condition_0
apps_results_condition_1
apps_results_condition_2

DOITRACKERはあなた自身がなりたい人になるために創られた
目標達成管理アプリケーションです。

こんな自分になりたい。
毎日やろうと決めても、いつも途中で挫折する。
どれだけやってきたのか覚えていない。

そんなあなたのためにDOITRACKERを創りました。

設定はすごくシンプルです。
最初に何を成し遂げたいかタスクを決めます。
次のタスクの期限を決め、最後にタスクのスタイル(達成or回数)を決めます。
設定は以上です。

後は毎日タスクの記録をつけます。
数週間後、きっとあなたは目標の自分に近づいていることでしょう。

<無料版の機能>
★タスクを3つまで登録できます。
有料版は無制限のタスク登録が可能です。

★タスクの履歴がグラフで見ることができます。
タスクの履歴をグラフで、1週間・1ヶ月・1年の単位で見る事ができます。

★カレンダーからピンポイントでその日のタスクを見ることができます。
カレンダーからその日のタスク状況を見ることができます。

★タスク毎、日毎にコメントが残せます。
タスク毎に毎日コメントが残せます。

★達成度をTwitterでつぶやきましょう。
DOITRACKERはタスクを実行したときに内容をTwitterでつぶやくことができます。
自分の頑張りをみんなにもみてもらいましょう。

コンディションとは少々異なりますが、
日々のタスク管理を作れた弊社エンジニアにとって
作れないことはないと即答致しました。

健康管理アプリ

当時も色々リサーチしましたが
現状改めて健康管理アプリについて調べてみると
より市場は拡大していました。
皆様健康志向について興味関心が高いようです。

iOS8からデフォルトで追加された「ヘルスケア」

https://www.apple.com/jp/ios/whats-new/health/

apps_results_condition_3
apps_results_condition_4

新しいヘルスケアアプリケーションは、あなたの健康とフィットネスに関するデータを
ダッシュボードに読みやすく表示します。デベロッパのみなさんには、HealthKitという
新しいツールを用意しました。これにより、すべての素晴らしい健康アプリケーションや
フィットネスのためのアプリケーションが連係できるようになり、あなたをさらに
しっかりサポートします。健康に、新たな革命が始まります。

フムフムなるほど、新たな革命が起こるわけですね。

シンプル・ダイエット 〜 記録するだけ!かんたん体重管理 〜

https://itunes.apple.com/jp/app/shinpuru-daietto-ji-lusurudake!kantan/id418785500?mt=8&ign-mpt=uo%3D4
apps_results_condition_5
apps_results_condition_6
apps_results_condition_7

日本・韓国・中国・台湾のApp Storeでカテゴリランキング1位を達成した定番ダイエットアプリだそうです。
かわいいキャラクターに反して残酷な体重結果が出た際は
熊に角が生えて鬼に見えて来るかもしれませんね。

FoodLog : Calorie Counter 写真で手軽に食事記録&カロリー管理

https://itunes.apple.com/jp/app/foodlog-calorie-counter-xie/id597390849?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

https://itunes.apple.com/jp/app/foodlog-calorie-counter-xie/id597390849?mt=8&ign-mpt=uo%3D4
apps_results_condition_9
apps_results_condition_10

「東大発! 食事写真から料理名を推定」という機能がありまして
我が家の息子よりよっぽどかお利口さんです。

カラダフィット

https://itunes.apple.com/jp/app/karadafitto/id669009437?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

apps_results_condition_11
apps_results_condition_12
apps_results_condition_13

女性には馴染みのあるルナルナアプリ作成元のMTIさんです。
機器連携が面白いと思いまして、ちなみにこれは私も実践してます。
ただし初日計測結果に睡眠時間5時間30分、快眠時間7分と出た際には衝撃でした。どうりで眠い筈です。

どんな機能を盛り込むのが良いか?

色々な健康管理アプリから参考に出来る部分は多々ありました。
その上で実際にどんな機能が良いのかを考えました。

先に紹介した「シンプル・ダイエット」さんも言っていましたが、

シンプルだから、続けられる!
続けられるから、効果が出る!

これは私も非常に共感できまして、
色々複雑な機能を盛り込んでも使いこなせなければ意味がありません。

入力が出来て、グラフなどで確認できて、WEBでも操作できて・・・

something new・・・
something new・・・
something new・・・

そして最終的に

お客様からの要望を踏まえて盛り込まれた機能としては

  • 日々のコンディションをアプリから入力してAPIにてDBへ書き込み
  • 専用WEBサイトから閲覧・編集可能(アプリからもWEBからも相互に操作行える)
  • あるデバイスとBluetoothにて機器連携して値をアプリ側に反映
  • コンディション自体はサマリーとしてグラフなどへ描画
  • プッシュ通知

色々な大人の事情で全貌をお伝えできず
何のこっちゃと大変恐縮ですが
とにかく一先ずお客様のご要望に沿ったオリジナルコンディション管理アプリが完成しました。

開発時の話

今回の依頼内容としては
お客様の方でも実験的な試みがあったため
・まずはiOSのみ
・そしてAppStoreにて配布するのではなく内部的にのみ使用

ということで
iOS Developer Enterprise Programにて開発することになりました。
apps_results_condition_14

また配布にあたっても
端末の登録が必要な「AdHoc」方式ではなく
「In-House形式」によって配布致しました。
これにより検証や使用にあたって何台でもインストール出来る為
今回の件では非常に好都合でした。

詳しい詳細は下記を参考頂くと良いです。
http://iritec.jp/iphone/3355/
http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/%E8%87%AA%E4%BD%9C%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%81%AE%E9%85%8D%E5%B8%83/

iOS Developer Enterpriseを使うメリット

おさらいですがiOS Developer Enterpriseは、社内用のアプリを作る場合に使うライセンスです。
・AppStoreに公開せずデバイスにアプリをインストール出来る
・しかも台数制限なし
・インターネット経由でアプリをダウンロード出来る
・事前にデバイス登録しておく手間が必要ない
というメリットがあります。

実際に検証時には
開発したipaファイルを弊社テストサーバーに置き
plistに関しては弊社テストサーバーのs領域に配置して
お客様にURLとベーシック認証のID,PASSをご提供しました。

こんな感じです。
apps_results_condition_15

お客様では
アプリをインストールしたい端末から上記のURLへアクセスし、
インストールとベーシック認証を経ると
見事端末へコンディショニングアプリがインストールされ、使用可能となります。

おわりに

アプリ開発は作って終わりではありません。
WEBコンテンツ自体どれもその要素が大きいと思いますが。
(つまりローンチ後いつでも修正可能、良い悪いは別として・・・)

今回のコンディショニングアプリに関しても
限られた人たちが使っている分
常に生の声が聞こえ
その要望を実現させるために
日々より良いものを追求し続けています。

有り難いことに
リアルな体験談を元にして修正、修正、また修正。
こんなに修正してたらコンディション悪くなってしまいます。