これでばっちり!Facebook広告の種類と特徴・出稿方法・ポイントまとめ!!

これでばっちり!Facebook広告の種類と特徴・出稿方法・ポイントまとめ!!

Facebook広告には複数の種類があり、それぞれ特徴があります。また次々にバージョンアップされることで現在、「どのようなメニューがあって、それぞれの特徴がわからない。」といった方も少なくないと思います。実際、私が日々クライアント様とお話をしている中でもそういった声を多く聞いております。
そこで今回は、Facebook広告の代表的なメニュー(Facebook広告・Faebookスポンサー記事広告・ページ投稿の広告)の紹介・特徴・出稿方法・ポイントを紹介します。

<追記2014/10/28>最新情報!!
【2014年版】Facebook広告の種類と特徴・ポイントまとめ

<追記2013/6/7>
Facebook広告の大幅アップデート計画発表!

Facebook広告とは

Facebook広告とは、Facebookの右サイドバー・ニュースフィード内・モバイルに表示される広告。

ユーザーがページを切り替えるたびに、もっとも適した広告が表示され、配信設定も細かく行えるため広告を届けたいユーザーにのみ表示させることが可能。
ファンになってもらった後は、日々の運用によって継続的な関係を構築することができる。
また、低予算から出稿が可能。
現在ではPC・モバイルの配信を設定することも可能(私が確認した限り全てのアカウントに対応はしていないようです)

ターゲットを細かく設定可能できる

−地域設定→国、都道府県、市区町村まで設定可能

−ユーザー設定→年齢、性別(「下記の詳細ターゲットオプションを表示」をクリックすることで、交際ステータス(独身、交際中、既婚など)、言語、学歴、勤務先まで設定可能)

−趣味・関心→好きな活動(料理、ダンスなど)、イベント(誕生日が1週間以内など)、趣味関心(自転車、教育など)

−つながり設定→ 自社とつながりのある人達のみに配信、自社とつながりのない人にのみ配信、詳細なつながり設定(ページ名、アプリ、イベント)など

より詳しい情報は、公式ページをご参考にしてください。

広告キャンペーン・価格設定・日程を設定できる

−支払い設定→アカウントの通貨、アカウントの国、アカウントの時簡帯を設定可能

−キャンペーンと予算→広告キャンペーン名、キャンペーン予算(1日あたり、通算予算で選択可能)

−配信日程→今日から配信、日程を決めて配信の選択可能

−課金設定→CPM、CPCの価格を設定可能(推奨入札価格が表示される)
・CPMとは、インプレッション1,000回あたりの料金
・CPCとは、1クリックあたりの料金

Facebook広告の種類・特徴・メリット

Facebook広告・Faebookスポンサー記事広告・ページ投稿の広告(プロモーテッド・ポスト)についてそれぞれ特徴とメリットを説明します。

1.Facebook広告

Facebook広告は、Facebookの右サイドバーに表示される広告(PCのみ)。

Facebook広告の特徴

−タイトル→Facebookページ名がタイトルとして記載(外部サイト誘導を設定した際はタイトル名の指定可能)

−本文→90文字以内で作成可能

−画像→100px×72pxで設定可能


−誘導先→指定可能(タイムライン・アプリページ・外部サイトなど)

−ターゲットを詳細に設定可能

広告のテキストや画像を設定できるので、広告キャッチコピーに自信がある方にはおすすめできます。キャッチがいいとCTRは高くなりますが、いいね!獲得単価が高騰する恐れがあります。ここで重要なのは広告テキストと画像がリンクしたページの内容としっかり連動しているかにある。また、事前に細かなターゲット設定をする可能です。

2.Facebookスポンサー記事

※PC(ニュースフィード内の記事は見つけられなかったので、イメージとして確認ください。)

※モバイル

Facebookスポンサー記事広告は、PCの右サイドバー、ニュースフィード、モバイルに表示される広告。
自社のファンになっているユーザーの友達に配信できる広告。

Facebookスポンサー記事の特徴

−タイトル、本文、画像→指定不可

−誘導先→タイムラインのみ

−ターゲット設定→ ページにいいね!している人の友達・ページ投稿にいいね!している人の友達・ページ投稿にコメントした人の友達・スポットにチェックインした人の友達を設定し配信可能

Facebook広告との違いは、
1.広告テキストを指定できるかできないか(Facebook広告は指定可能だが、Facebookスポンサー記事は指定できない)。
2.配信先の設定(Facebookスポンサー記事は、広告対象(Facebookページ、イベント、アプリ)とつながりのある人の友達のみに配信が限定される。)

メリットは、「○○さんがいいね!と言っています」と、友達を介した広告配信になるのでFacebook広告に比べ、いいね!単価が安く獲得することができる(弊社運用実績より)。つまり、友達の影響力を活用し配信する広告とも言えるのではないだろうか。また、現在ではモバイルにも配信がされる為、より多くのファンを獲得することが可能になった。(モバイル広告も当初は100投稿に1つほどしか広告表示されなかったが、現在では多くの広告枠があり(モバイルニュースフィードの上から3〜5つ目くらいには広告枠がある)、弊社が運用しているアカウントのほとんどもモバイルからのいいね!獲得が圧倒的に増えている。)
また、Facebookのユーザー10億人のうち6億人がモバイルユーザーとのデータもある。

3.ページ投稿の広告(プロモーテッド・ポスト)

Facebookページタイムラインの投稿の右下にある「宣伝する」をクリックすることで配信設定ができる。
ユーザーのニュースフィードに表示される広告。

ページ投稿の広告(プロモーテッド・ポスト)の特徴

−配信対象→Facebookページについて「いいね!」と言っている人・ページについて「いいね!」と言っている人の友達を設定可能

-予算設定→リーチさせたい数によって変動する

誘導先→ページ名をクリックされた場合はタイムライン、投稿をクリックされた場合は投稿詳細

ページ投稿の平均リーチは16%と言われている。つまり84%のファンには日々頑張って考え投稿しているものが届いてないということにある。ユーザーに届けたい投稿をプロモーテッド・ポストを使うことで届けることが可能になる。

■プロモーテッド・ポストを使うメリットは、 
1.ユーザーに届けたい投稿を多くのファンに届けることができる
2.いなくなってしまったファンを呼び戻す
3.数百円から出稿可能
4.他の広告に比べCTR(クリック率が高い) 

■Facebookがすすめる4つの投稿
・写真と動画
・クーポン
・限定イベントまたはニュース
・クエスチョン
※詳細は公式ヘルプをご確認ください。

Facebook広告出稿方法

STEP1:広告画面へアクセス

Facebookページの上部管理者パネルにある「ファン数を拡大▼」のプルダウンから「広告を作成」をクリックすればアクセスできる。どのFacebookページにて広告を作成するか選択する。

STEP2:広告の作成

「Facebookページ」を宣伝するのか、「特定の投稿」を宣伝するかの広告メニューを選択。通常時はFacebookページの宣伝になるが、特定のイベントやクーポンなど既存のファンに投稿を届けたい際は、「特定の投稿」を宣伝にて配信することをすすめる。

Facebook広告出稿の場合は、テキスト90文字以内・画像・誘導先を設定する(誘導先が外部サイトの場合はタイトルの設定も可能)

STEP3:ターゲット設定

どういったユーザーに向けて広告を配信するかを設定します。上述のように、Facebook広告では詳細なターゲット設定が可能です。うまく設定することで、高いCTRを期待することができます。

STEP:4広告キャンペーン・予算・掲載日程の設定

広告キャンペーンの名前・キャンペーンの予算・配信期間を設定します。またCPMかCPCどちらで配信するかを選択した上で、それに対しての価格を設定します。(推奨入札価格が表示されるのでそれを参考にし、金額を決められます)

STEP5:広告の注文

 広告を確認するをクリックし、設定した内容を確認する。「注文する」をクリックで完了し審査が通り次第、掲載開始となります。
※はじめてFacebook広告を出稿する場合には、次の画面でクレジットカード・PayPalどちらで支払いをするかなど入力する必要がある。

まとめ

今回はFacebook広告の代表的なものを紹介しました。

ご覧頂いた通り、Facebook広告を出稿すること自体は、案内に沿って設定していくだけなので非常に簡単です。ただ一方で、広告のメニュー・対象ターゲット・広告文言・日々のチューニングなど手間になってくる部分も多々あるので外部にお願いするのもいいかもしれません。
また、ただいいね!が集まればいいということでもないので、どういった目的の上、どのメニューで配信してくかはしっかり考える必要があります。
ファンを増やす目的でFacebook広告を出稿すると思いますが、次にファンとどう関わっていけばいいかなどは日々の運用が鍵を握っています。ただ最初のステップとしてFacebookページを最大限に活かしていく為にも、いいね!の獲得は非常に重要なポイントになってくると私は考えている。

また、7月24日-26日に行われた”モバイル&ソーシャル WEEK 2012”にてFacebookのマーケティングマネージャーの須田 伸氏がFacebookマーケティングの成功のために重要なステップ「BCEI」でお話された中でもFaebook広告の重要性をお話されていましたのでご紹介します。

STEP2:繋がったファンと交流する(Connect)

Facebook広告を効果的に活用して、より多くのファンと繋がろう。Facebook広告では適切なターゲットを設定した複数の広告素材を用意し、ユーザーの反応を見ながらチューニングすることで効果を最大化することが可能だ。

STEP4:ファンの友達へ広げる(Influence)

ファンを通じてその友だちへアプローチする施策として、「スポンサー記事」を活用しよう。
スポンサー記事は、もともとニュースフィードに掲載される可能性の高い記事を更にドライブさせる方法で、「広告」にソーシャルなコンテクストを付加することが出来るため、クチコミに近い効果が期待出来る。

上記をご覧頂いてわかるように、4つのステップの中でFacebook広告の重要性をお話されています。「BCEI」モデルを効率的に運用することで、Facebookマーケティングの威力は十分に発揮されます。
Faebookマーケティングの4のステップ「BCEI」の詳細 はこちら

内容が長くわからなかった点もあったと思いますが、最後まで読んで頂きありがとうございます。
もしわからなかった点などあれば、コメント頂ければ幸いです。

※参考記事
Facebookヘルプセンター

nanapi スポンサー記事だけじゃない!「Facebook広告」を作る方法って? 

-Hivelocity  成功するFacebookマーケティングの4ステップ「BCEI」Facebookによるソーシャルマーケティングガイドの整理その2

−Hivelocity facebook広告ってなに?Facebookページは「いいね!」を増やすことからはじまる!! その1

<追記2013/6/7>

Facebook広告の大幅アップデート計画発表!


Facebookマーケティング

ハイベロシティではFacebook広告のお手伝いだけでなく、Facebookページを使用したFacebookマーケティングの導入をサポートします。Facebook社から提供されているマーケティングメソッドに即した導入、運用をがっちりサポートしていきます。

bestpracticeguidmarketingonfacebook_01_0920

Facebookマーケティングの詳細はこちら
  1. Best Practice Guide Marketing on Facebook フェイスブックによるソーシャルマーケティングガイドの整理 その1
  2. 成功するFacebookマーケティングの4ステップ「BCEI」 フェイスブックによるソーシャルマーケティングガイドの整理 その2
  3. Facebook Studio Edgeで学ぶ フェイスブックによるソーシャルマーケティングガイドの整理 その3
  4. Facebook エッジランク(EdgeRank)のまとめ(オススメ)

OUR SERVICE

Fan Commerce

ファンコマース

ファンとのダイレクトなコミュニケーションを実現して「感動体験」をビジネスに結びつけます。

Digital Marketing

デジタルマーケティング

未来を創造する価値ある「顧客体験」を実現する仕組みづくりを提案。