;
SERVICE

Apple、腕時計型ウェアラブルデバイス「Apple Watch」を発表!

shadow
iw_ii
春山 侑紀

Author :  

shadow
iw_ii

あなたのライフスタイルをサポートし、豊かにするー。

現地時間2014年9月9日午後2時(日本時間10日午前2時)、クパティーノのフリント・センターで行なわれた「Apple Special Event」にて、「Apple Watch」が発表されました。Apple初となる腕時計型ウェアラブルデバイスへの参入となりました。今回は、「Apple Watch」についてご紹介したいと思います。

Apple Watch

iw1

Appleは、これまでに様々なナビゲーションツールを開発してきました。

  • Macintoshでは、マウスを導入し、コンピュータの操作を単純化させました。
  • iPodではクイックホールを導入、スクロールで音楽を簡単に選ぶことができるようになりました。
  • iPhoneでは、マルチタッチを採用し、私たちは手軽に操作ができるようになりました。

iw2

「Apple Watch」にも新たなナビゲーションツール「デジタルクラウン」が採用されています。従来の腕時計のデザインを尊重した美しいデザインで、時間の調整を行なう竜頭にホームボタンや拡大・縮小、「Siri」へアクセスする役割を持たせました。これにより、小さな画面でもより便利に操作ができるようになりました。

iw3

ディスプレイもRetinaディスプレイを採用し、ダイヤモンドの次に硬質なサファイアガラスを使用しているため、傷がつきにくくなっています。ディスプレイには、Force Touchという新しい技術が採用されており、タップとプレスの違いを検出し、小さなディスプレイでも手早く簡単な操作を実現しました。

iw4

裏側には、赤外線LEDと可視光LEDの光センサーで手首からあなたの脈拍数などの情報を検出することができます。これにより、1日の活動を記録し、確認することができるので健康面をサポートしてくれます。

iw0

時計を充電するというのは新しい習慣ですが、裏面へマグネット式の充電器を持っていくだけで、ピタッと吸い付くように接続できる無接続充電が可能となっています。「Apple Watch」が見えていなくても、暗闇でも手で触って充電部分へ誘導するだけで、簡単に充電することができます。iw6

「Apple Watch」は、ステンレス合金・アルミニウム・18金から作られています。バンドとフィットするような美しいデザインになっています。バンドは、横にスライドさせると交換できるようになっています。

iw7

腕時計の顔ともいえる文字盤のディスプレイは、自分好みにカスタムができ、色を変えたり、機能を追加したりと、豊富なデザインで自分に合ったものを選ぶことができます。ミッキーマウスの文字盤もあるようです。

iw8

「Apple Watch」では、通話やメール、メッセージを送り合うこともできます。文字入力は必要なく、音声入力でメッセージが送信でき、絵文字も送ることができます。

iw9

ルート案内や次のスケジュール、天気予報、カレンダーなどといった情報をディスプレイより一目で確認でき、詳細も知ることができます。

iw10

新たな会話機能を採用されています。ディスプレイで描いた絵を送れるスケッチ機能や心拍数を読み取って画面に表示して、相手に送信できるハードビート機能などといった新たな会話ツールを生み出しました。通話やメッセージだけでなく、様々な形を通して相手へ自分の気持ちを送信できる機能は、私たちの新たな会話ツールになるかもしれません。

iw11_1

常に身に付け心拍数や運動量を感知してくれるので、健康管理を簡単に行なうことができます。3つの要素からあなたの健康を管理し、達成させるとグラフィックのリングが完成されるようになっています。

  • Move:1日あたりの消費カロリーを「Apple Watch」が提案してくれたり、自分で設定することができます。
  • Exercise:1日の運動量を記録してくれます。世界で推奨されている1日30分の運動を行なうと、リングが完成するようになっています。
  • Stand:1日の内立っている時間を記録してくれます。長時間座っている場合は、立ち上がるように「Apple Watch」が促してくれます。

iw12

「Apple Watch」で記録された健康情報は、iPhoneのフィットネスアプリで確認することができます。活動データを履歴として残しているので、いつでも確認することができます。

iw13

有酸素運動など運動を行なう際は、ワークアウトアプリケーションが便利です。時間、距離、ペース、カロリーなどの情報をリアルタイムで表示してくれます。目標を設定すると、「Apple Watch」が目標達成を通知してくれたり、励ましたりしてくれます。

iw14

「Apple Watch」は、38mm(縦)と42mm(縦)の2つのサイズと3つのスタイルから選ぶことができます。

iw15

3つのスタイルから自分のライフスタイルに合わせた「Apple Watch」を選ぶことができます。それぞれのスタイルでは、使われている素材などが違います。1スタイルで、2つの色が用意されているようです。

  • Apple Watch:普段のライフスタイルに最適なデザインです。
  • Apple Watch SPORT:スポーツを行なうのに適しています。
  • Apple Watch EDITION:高級感ある素材で、手元を美しく引き立てます。

iw16

バンドも様々な種類が用意されており、色や素材にこだわって作られています。バンド1つで、「Apple Watch」の印象を変えることができ、身につけることでその洗練された美しいデザインが完成されます。

Apple Watch

iw17

「Apple Watch」は、鏡面を仕上げたステンレススチールを使用し、ディスプレイにはサファイアガラスが採用されています。サファイアガラスは、Retinaディスプレイを保護するのに適しており、傷が付きにくくなっています。また、豊富な種類のバンドを選ぶことができます。

iw18

  • リングブレスレット
  • ミラネーゼループ
  • モダンバックル
  • レザーループ
  • クラシックバックル
  • スポーツバンド
Apple Watch SPORT

iw19

「Apple Watch SPORT」は、酸化皮膜処理された軽量アルミニウムを使用しており、「Apple Watch」よりも30%軽く、スポーツに適した素材で作られています。ディスプレイは、傷に強く強度のあるアルミノケイ酸ガラスで保護されています。バンドも強靭かつ柔軟な素材を使用し、スポーツをしても邪魔にならないデザインになっています。バンドは5色から選ぶことができます。

iw20

Apple Watch EDITION

iw21

「Apple Watch EDITION」は、標準的な金よりも2倍硬くなるよう開発された18Kで作られています。ディスプレイは、サファイアガラスを採用しています。色は、18Kイエローゴールドと18Kローズゴールドの2色があり、バンドは、「Apple Watch EDITION」専用のバンドを選ぶことができます。スポーツバンドからモダンバックルなどとの相性もよく、上品な美しさを表現しています。

iw00

「Apple Watch」は、2015年から販売が開始されるようで、価格はアメリカでは349ドル(約37,000円)からとなっています。また、iOS8を搭載したiPhone5、iPhone5c、iPhone5s、iPhone6、iPhone6 Plusと連携して一緒に利用することができます。

最後に

「Apple Watch」は、いかがでしたでしょうか。従来の腕時計の伝統的デザインを活かした現代的で未来的なデザインと感じました。竜頭をそのままにデジタルクラウンという新機能を持たせた使い心地が気になります。素材にこだわり、美しく洗練されたデザインは、Appleならではのデザインではないでしょうか。2015年の発売が今から楽しみです!

(Photo: Apple Press Info)

SERVICE