HubSpotのサイトページについて – クイックガイド

「Site page」を使って構築したウェブサイトは、HubSpotの他のツールをサイト上で簡単に使用することができます。

通常、別々のシステムを使ってウェブサイトを構築する場合、多くのプロセスを統合しなくてはなりません。しかし、HubSpotの場合は様々なツールが統合されているので、追加の設定は必要ありません。

この機能で作成されたページは、ブログやランディングページなど、HubSpotのシステム全てと統合されます。

どのようなツールがありますか?

HubSpot上で作成したページは、以下のツールが使用できます。

サイトマップ(Site Map)

このツールを使用することで、ウェブサイト上の内容のナビゲート等で使用するサイトマップを作成できます。

hubspot-site-map

ファイルマネージャー(File Manager)

File Managerを使用すると、HubSpotのコンテンツ配信ネットワークサーバー(Content delivery network servers)にファイルをアップロードし、ホスティングすることができます。他のファイルシステムと同様、フォルダやディレクトリを作成し、そのディレクトリにファイルを追加することもできます。

hubspot-file-manager

テンプレートビルダー(Template Builder)

ウェブサイトページ、エラーページ、パスワード入力画面などのレイアウトテンプレートを作成できます。また、CSSスタイルシートを作成することで、外観をカスタマイズすることが可能です。

hubspot-template-builder

HubSpotコンテンツツール(Content tools)に移行していた場合、すでに作成したテンプレートのレイアウトやスタイルを見つけることが可能です。会社名で検索することにより、テンプレートビルダー上で見つかります。

コンテンツモジュール(Content Modules)

HubSpotで作成した全てのページをコンテンツモジュールとして利用できます。

hubspot-content-modules

グローバルコンテンツ(Global Content)

ウェブサイトのページを構成するコアエレメント(グローバルヘッド、サイドバー、フッター等)を設定できます。テンプレートのレイアウト上に設定したグローバルコンテンツを変更すると、全てのページ上で表示されるコンテンツが変わります。

hubspot-global-content

コンテンツエディター(Content Editor)

コンテンツエディターを使って、ウェブサイトに新規のページを追加したり、コンテンツモジュールの編集・更新を行うことができます。

hubspot-global-content

ページ公開オプション(Content Publishing Options)

エラーページやパスワード入力のようなページと、通常のウェブサイトページでコンテンツの公開オプションを分けることができます。

hubspot-page-publishing-option

サイトページのダッシュボード(Site Pages Dashboard)

ウェブサイト上のKPIを表示するダッシュボードです。既存のページはもちろん、新しく作成したページも自動的に追加されます。

hubspot-site-page-dashboard

URLマッピング(URL Mappings)

HubSpotのコンテンツツールでウェブサイトのURLを変更するたびに、自動的に301リダイレクトが設定されます。

たとえば http://site.com/page を http://site.com/newpage としてURLを変更した際には、変更したページへ自動的に301リダイレクトがかかり、常に最新のURLへジャンプするようになります。

hubspot-url-mapping

Robots.txt

検索エンジンに重複したコンテンツや、サンキューページなどのインデックス化を防ぐため、Robots.txtを編集することができます。

robots-txt