;
SERVICE

面白い!かわいい!から便利へ iPhone6持ちやすいケースをご紹介!

shadow
i18-
春山 侑紀

Author :  

shadow
i18-

手の小さい人でも困らない!iPhone6が持ちやすくなるケース

iPhoneの魅力の1つと言えば、豊富な種類のケースがあげられます。その日の気分や洋服に合わせて、iPhoneケースを着せ替える人もいるようで、もはやケースはスマートフォンを守るアクセサリーではなく、おしゃれの1つとして取り入れられています。以前の記事「面白い!かわいい!使える!スマートフォンアクセサリーをご紹介!」では、iPhone5/5sの様々なアクセサリーをご紹介しました。今回は、iPhone6/iPhone6 Plusのケースについてご紹介したいと思います!

画面は気に入ったけど、持ちにくそう…

iPhone5/5sでは、かわいい動物だったり、目玉焼きや焼きそばが乗っていたりと、ユニークなケースやインパクトあるアクセサリーがたくさん発売されています。しかし、画面が大きくなると同時に、本体サイズも大きくなったiPhone6/iPhone6 Plusでは、インパクトあるケースより、その大きさゆえ持ちやすさを追求した便利なケースが人気のようです。

i17

画面は気に入ったけど、持ちにくそうと思った人も多いはず…!小さい手の人にはiPhone6/iPhone6 Plusは、持ちにくさや操作のしやすさの部分で、購入を悩む人も多いと思います。では、そんな持ちにくい懸念も振り払える便利なケースを見てみましょう!

大きくても大丈夫!持ちやすさを追求したアクセサリーたち

Bunker Ring Essentials(バンカーリング エッセンシャル)

i01

Bunker Ring Essentials(バンカーリング エッセンシャル)は、iPhone6/iPhone6 Plusに本体を装着させ、リングに指を通すことで落下を防ぐことができるアクセサリーです。これなら、手から滑り落ちることはないので、安心ですね!リングは、指にはめたまま360度回転させることができるので、カメラを撮影するときもリングを指から外すことなく、安全に撮影することができます。

i02

リングは、折り畳んでポケットなどに閉まったり、机に置くときにはスタンドとしても機能するので、動画などが手軽に見られます。何度でも着脱が可能で、粘着後は残りません。粘着部分に汚れがついて、粘着力が弱まってきたら水洗いで元に戻るのも優れものです。価格は、1,994円(税込)からで、PinkやLimeなどのカラーも発売されています。

i03

Highend berry スマートフォン用フックスタンド

i04

リングではなく、フックになっており、iPhone6/iPhone6 Plusに装着して使うアクセサリーです。真ん中部分を軽く押すと、フックの形になるので、そこに指をひっかけて持ったり、スタンドとして使うこともできます。装着してもあまりかさばらないので、ポケットや鞄などにもスムーズに入ります。しかし、1度貼付けて、再度剥がしてしまうと粘着力が弱まってしまうので、ハードケースなどに装着して、フックスタンド付きケースにするのが、便利かもしれません。

i05

Fabric Case with Card Pocket for iPhone6 (4.7inch)

i06

ストラップが付いているので、手首にかけたり、指に通したりして使うことができます。手首にかけて使えば、万が一手から滑り落ちても落下する心配はありません。カラーパターンも豊富に揃っているので、好きなものを選ぶことができます。また、ケースの裏側にカードポケットが付いているので、ICカードなどを入れておくことができます。

i07

保護フィルムやマイクロファイバークロス、埃取りテープなども付属しているので、iPhone6に変えた!という方にはおすすめのセットです。価格は、2,376円(税込)とセットながらお手頃です。

i08

GRIPPI for iPhone6

i09

開発者池田匠さんが、3Dプリンターを用いて作成し、Twitterで話題になり、製品化となりました。「GRIPPI」は、iPhone6の背面中央部分が指で掴めるようなデザインになっています。小指、薬指、中指、を引っ掛けることで、親指で画面全体をタッチすることができます。届きにくい画面左上の部分も、難なくタッチすることができ、手の小さい人でもiPhone6が持ちやすくなります。価格は、3,800円(税込)となっており、2014年12月末日に発売を予定しております。取り扱い店舗は、Amazon他、iPhone取り扱い店舗の予定で、Amazonでは12月26日の発売予定となっています。カラーは、5色での展開となるようです。

i10

HAND’S ON

i11

米山工業より販売されている「HAND’S ON」は、ケースにベルトが付いているので、持ち運びや操作などが楽に行なえます。iPhone6/iPhone6 Plusのケースがあり、iPhone6 Plusではベルトが、「DESIGN」と「YANMA」の2種類から選ぶことができます。ベルトは、形を変えられるので、スタンドとして使うこともできます。

i13

価格は、6,912円(税込)APP BANK STOREより、発売されています。ケース本体とベルトが別売りなので、多少高くなってしまうようです。

i12

Mercury Sonata for iPhone6 Plus

i14

ストラップやリングといったアクセサリーもアイデア商品でしたが、iPhone6 Plusでは手帳型のケースも注目すべきところです。手帳型のケースだと、本のように持つことになるので、必然的に安定感のある持ち方になります。また、手帳型ケースは、ICカードや小額のお金などを入れておくことができるので、近所の外出が楽になったり、財布を忘れてしまったときなどにも便利です。「Mercury Sonata」では、折り畳むとスタンドにもなるので、動画の視聴も簡単です。

i15

価格は、1,000円(税込)送料別で、カラーも10色なので、好きなカラーを選ぶことができます。

i16

最後に

iPhone6/iPhone6 Plusのケースは、いかがでしたでしょうか。iPhone6/iPhone6 Plusの発売から2ヶ月ほど経ちましたが、大きさをカバーする様々なアイデア商品が生まれているようですね。画面が大きくなった点は、大きなメリットですが、必然的に大きくなる本体サイズは、1度は購入を悩んでしまうと言ったところでしょうか。これからもどんなアイデア商品が出てくるのか、楽しみですね!

Photo: Spigen Case für iPhone 6 Plus: ULTRA HYBRID Crystal Clear by GillyBerlin

SERVICE