;
SERVICE

ランディングページを作る9のポイント

shadow
33
春山 侑紀

Author :  

shadow
33

9つのポイントを抑えてコンバージョンUP!

検索結果の上部にあるテキスト広告やサイトのバナー広告などを押すと、企業の製品やサービスを宣伝する単独のWebページ、「ランディングページ」が表示されます。1度は、開いたことがある方もいるかもしれません。

今回は、インバウンドマーケティングにおいて大切な要素の1つでもある「ランディングページ」の作成ポイントについて、インフォグラフィックでご紹介します。

ランディングページについて

ランディングページ」は、主に検索結果上部にあるテキスト広告のリンク先やサイトのバナー広告のリンク先へ繋がっている、企業の製品やサービスを紹介するWebページになります。“無料資料請求”や“ご予約はこちら”といったような、訪問者を次の行動へと喚起させ、個人情報の入力フォームへと誘導するCTA(Call to Action)というボタンが用意されており、Webページもスクロールだけで完結するようになっています。

「ランディングページ」は、主に3つの部分で構成されています。

  1. 企業でどのような製品やサービスを扱っているのか、訪問者の目を引くようなイメージ画像を使って紹介します。
  2. ユーザーにとってその製品やサービスを利用することで発生するメリットや製品・サービスの説明、こだわりなどを紹介します。また、ユーザーボイスやメディア掲載歴などもあると、訪問者の安心を得ることができます。
  3. 期間限定や先着何名様というようなプレミアム感を出すことで、訪問者への行動喚起を訴求します。

 LPの9ポイント_570

原寸大のインフォグラフィックはこちら

最後に

「ランディングページ」の9つの作成ポイントは、いかがでしたでしょうか。ランディングページを作成するだけでなく、どのように構成されているか、インフォグラフィックで表すとよくわかりますね。インフォグラフィックを参考にランディングページのポイントを抑えて、コンバージョンをゲットしましょう。!

 

無料サイト診断はこちらから!
SERVICE