;
SERVICE

【第9回】素人から始めるGoogle Analytics ~続・コンバージョンについて~

shadow
素人から始めるGoogle Analytics
kusakabe

Author :  

shadow
素人から始めるGoogle Analytics

Google Analyticsって何をどうすればいいの?という方へ。 今回は【コンバージョン】についてです。

みなさん、こんにちは。
WEBディレクターのカベです。

前回の更新から、だいぶ間が空いてしまいました。

前回は僕達の考えるwebサイトのコンバージョンについてお話させていただきました。
今回は「続・コンバージョンについて」です!
Google Analyticsの“目標”にあたる部分のお話です。

目標(コンバージョン)を決めよう

webサイトは作って終わりではないので、まず最初に何のためのwebサイトを作るのか、要件定義が大切です。

  • ECサイト→商品購入
  • コーポレートサイト→資料請求
  • 店舗連動サイト→来店予約
  • ブログサイト→web集客

などなど。
こうした取り決めがないと、「作って、はい終わり」の片手落ちになってしまいます。

ただし、これらは前回もお話させていただいた様に、最終的なKPIを達成する為の手段としてのひとつです。
webサイト上でのコンバージョンだという事を忘れないように。

目標設定の種類

目標設定にはいくつか種類があります。
簡単に紹介していきますね。

テンプレート

収益
  • 注文…購入や予約を済ませた
ユーザー獲得
  • アカウントの作成…登録を完了した、アカウントを作成した、ビューを作成した
問い合わせ
  • 問い合わせ…電話番号、ルート、チャット、メールを表示した
  • レビューの表示…レビューや評価を表示した
  • 連絡を希望…サービスや電話連絡を依頼した
  • ライブチャット…チャットで問い合わせを行った
  • アップデート…新しいバージョンをダウンロードまたはインストールした
エンゲージメント
  • 情報比較…機能、商品、オプションを比較した
  • お気に入りに追加…商品や情報をリストに保存した
  • メディア再生…動画、スライドショー、製品デモなどのインタラクティブメディアを再生した
  • 共有/ソーシャル…ソーシャルネットワークで共有した、メールを送信した
  • 登録…ニュースレターの購読や新着情報のメール通知を申し込んだ、グループに参加した

例外はあるかもしれませんが、みなさんの目標も大体この中にあるんじゃないでしょうか。

カスタム

blog_img06

カスタムでは目標の詳細で目標ページ(スクリーン)のURLを設定します。
また、目標到達プロセスを設定することで、目標へのステップを明確にする事ができます。
例えば申込みフォームなら、フォーム送信完了画面のURLが目標になり、フォーム入力画面・フォーム確認画面はプロセスになります。

ちなみにぼくはほぼカスタムで設定しています。

フォームの目標設定でステップを設定しておけば、フォーム内の離脱等がすぐにわかりますよ。
EFO対策する前に、ちゃんと設定しておきましょ。

 

本来のKPIとの違い

目標設定ができたら、サイトのコンバージョンが計測できるようになりましたね。
そしたら本来のKPIとの違いが出てくると思います。
(WEBサイトのコンバージョンが最終的なKPIなら関係ないです)

たとえば、A社のKPIは売上が100万円としましょう。
そしてWEBサイトのコンバージョンが資料請求までだったとします。

客単価が1万円だとすると、100人に商品を購入してもらわなくてはなりません。
資料請求してくれたユーザーの内、大体20%の人が購入してくれるとしたら、サイトからの資料請求は500人必要ですよね。

  • 本来のKPI→売上100万円
  • WEBサイトのコンバージョン→資料請求500件

こんな風につながってきます。

僕達はここを伸ばして資料請求を600件にしたり、客単価をアップさせて1.5万円にしたりして、「売上を120万にしましょう!」というお手伝いをさせていただいています。

少しでも興味があれば、お気軽にお問い合わせください。

では。

【無料】簡易サイト診断はこちら
SERVICE