;
SERVICE

日数範囲をリストのセグメントとして使用できるアップデート

shadow
segmentation
matsushita

Author :  

shadow
segmentation
  • BaseStationApp
  • Recruit

日数を設定することでリードや顧客の反応に対して的確なマーケティングメッセージが可能に

5日以内に何らかアクションがあった人のリストを作りたいと思ったことはありませんか? リストセグメンテーションを使えば、全ての顧客の中からリスト化することができます。

この一見単純ながらも興味深いユースケースは、数の制限を無くしました。顧客をイベントの完了、フォームへの入力、閲覧したページ、コンタクトの更新など、設定した日付に基づいたスマートリストに入れることができるようになります。

rel

以下、リストの日付範囲を設定することで何が出来るか、という2つの例を示します。

  • 過去◯日間でアクションを完了した人をHubSpotのリストに保存できる
  • 30日未満にマーケティングクオリファイドリードとなった人のリストを作成できる

“キック”というワークフローを作成することもできます。設定した期間内に、具体的な行動を取っていないリードや顧客を入れる、というわけです。

例:

  • マーケティングクオリファイドリードが、90日以内に無料デモ版を使っていない場合、そのリードを担当する人に対して通知を送る
  • エヴァンジェリストが30日以内にコンテンツをダウンロードしていない場合、再度通知するメールを送る
  • リードが重要なサイトを訪問した場合、フォローアップを行うリード担当者に通知を送信する。(エンタープライズ版にいくつか制限があった)

これは『Segment Using Relative Date Ranges Update』を翻訳したものです。

こちらも合わせてご覧ください:

HubSpotのマーケティングオートメーションは何が出来るのか?

SERVICE
  • sns