;
SERVICE

コンテキストが王となる日は、そう遠くない

shadow
contents
matsushita

Author :  

shadow
contents
  • Recruit
  • BaseStationApp

コンテキストを重視したコンテンツは神となる!

今年8月、HubSpotのMeghan Keaney Anderson氏は、オンラインマーケティングを行う際のコンテキストについて、素晴らしいブログを書きました。今でこそコンテンツは王、コンテキストは女王となっていますが、私は2014年にはコンテキストが新しい王になっている、と予測します。

Meghan氏の書いたブログの中で、特に注目したい部分は、以下の通りです。

インバウンドマーケティングにおける、最も偉大な洞察は、人を中心としてコンテンツが描かれたことにあります。インバウンドマーケティングの初期段階では、検索ボックスから人を集めるため、検索フレンドリーなコンテンツを作成することに焦点を当てていました。しかし、これでは一度サイトに訪れただけで、顧客になることはありません。ウェブサイトに訪れた訪問者に、コンテンツと関連するオファーをすることで、コンバージョンする可能性が高くなるのです。

最近まで、オンラインで高度な体験を提供することは不可能でした。WordPressやJoomla、Drupal、そしてもちろんHubSpotといったCMSにより、初めての訪問者から100回目の訪問者、全員に向けて平等な経験を与えられるようになりました。そして、新しいHubSpot COS(Contet Optimization System)が登場しました!

ペルソナに最適なコンテンツを提供する

2012年、“スマートコンテンツ”を提供するため、HubSpotのあらゆるツールにアップデートが施されました。スマートコンテンツには、以下のようなものが含まれます。

  • スマートイメージ:ウェブサイトで表示される画像に、閲覧者の興味が反映されます。
  • スマートCTA:閲覧しているペルソナに基づいて、オファーが自動的に変更されます。
  • スマートフォーム:リードの既に得ている入力フィールドを削除し、より簡潔なフォームにします。

これらのアップデートによって、訪問者のコンテキストに基づいて、より関連性の高いコンテンツを提供できるようになりました。

HubSpot COSは改善が続けられ、ウェブサイトの訪問者に対して瞬時にパーソナライズされたコンテンツを提供できるようになっています。しかし、そのためには他のHubSpotツールと統合されており、各訪問者に関連したコンテンツを所有している必要があります。例えば、初めての訪問者と、10回目の訪問者では、欲しい情報が違いますよね。さらに、バイヤーペルソナとしてターゲットしているセグメントも、欲する情報が違うはずです。そうした人々に対して最適なコンテンツを準備しましょう。このアプローチによって、ウェブサイトにおけるコンテンツが変わっていくはずです。

簡単にアクセスできるサイトを作成する

スマートフォンユーザーの64%は、オンラインショップで買い物をするとき、スマートフォンを使っています。スマートフォンでウェブサイトへアクセスされたときに、最適な表示をすることは、デジタル戦略上不可欠でしょう。残念ながら、多くのサイトはレスポンシブウェブデザインや、モバイルサイトを提供していません。

HubSpot COSはモバイルファーストの考えの元で構築されており、レスポンシブウェブデザインを提供できるようになっています。また、他のCMSと違って、HubSpot COSは直感的にサイトをカスタマイズできます。必要となるのは、CSSとHTMLに関する若干の知識です。簡単なCOSを、初めてみませんか?

HubSpotのCOSは中小企業でも活用できるのか?

COSはレスポンシブで、あらゆるデバイスに対応できるというのは前述の通りです。モバイルに移行するオーディエンスが、離脱することはありません。さらに、ページやブログを簡単に更新できるようになります。そして、ブログのオーサーシップを設定することで、自分の影響力も構築できます。

HubSpotが用意したデフォルトテンプレートや、マーケットプレイスにあるカスタムテンプレートを活用することで、ウェブページやブログ記事の作成へ、さらに注力できるようになります。どういうことかと言うと、ワードやメールクライアントを使えれば、素晴らしいデザインのコンテンツを作成できるようになるのです。

HubSpotなら、ウェブ開発、ホスティング、アップグレード、セキュリティ、サポートコストが不要です。

これは『If Content is the King then Context is God!』を翻訳したものです。

SERVICE
  • sns