;
SERVICE

インバウンドマーケティングでTwitterを活用するには?

shadow
twitter
matsushita

Author :  

shadow
twitter
  • Recruit
  • Recruit

Twitterを活用することで、インバウンドマーケティングは加速する!

ツイートの効果を上げるためには?

  • ユーザーの質問に答えるため、Twitterクライアントを定期的に見て、リプライを確認しましょう。
  • 回答できない質問には、回答できるチームメンバーを見つけて、リプライへ返信してもらいましょう。
  • ツイートだけで回答しきれない場合には、メールで回答しましょう。
  • よくある質問に回答するブログ記事がある場合、それを定期的にツイートしましょう。
  • 規制が強い業界であれば、よくある質問に対して、あらかじめ140文字以内の回答を作ってステークホルダーに了承をもらっておき、質問へ回答しましょう。
  • リプライの返信を多くの人に見てもらいたい場合は、「@ID」ではなく、「.@ID」を使いましょう。
  • 議論が白熱している場合は、リプライやダイレクトメールを使わず、普通のツイートで発言しましょう。
  • ブログにコメントしてもらった人に、感謝の意を表しましょう。コメントの内容によって、文章を変えることをオススメします。
  • ウェビナーとeBookを共有した人にも、感謝を伝えましょう。

Twitterツール

  • FollowerWonkを使用して、競合相手のフォロワーをフォローしましょう。また、彼らからツイートのコンテンツや、ハッシュタグを見て学習することも重要です。
  • 個人アカウントとビジネスアカウントの2つを持っている場合、使い分けのために別々のTwitterアプリを使用しましょう。
  • ツイートからのリフェラルトラフィックをトラッキングするために、Google Analyticsを活用しましょう。
  • 例えばウェビナーの一部をツイートしている場合、これらのツイートを見たくないフォロワーに対して、Proxletのような非表示機能を持ったツールを紹介しましょう。
  • SocialBroを活用して、国籍や性別などを把握し、祝日のイベントを考えてみましょう。(※日本の場合は、それほど必要がないかもしれません)
  • Bit.lyでリンクを短縮すると、CTRを測定しやすくなります。
  • 出版物、業界、地域社会の重要な企業をまとめたTwitterリストを作り、モニタリングしましょう。何かが発生した場合、すぐにそれをフォロワーと共有しましょう。

コンテンツの共有

  • ブログ記事をツイートして共有しましょう。様々な見出しをテストして、CTRが高くなるものを見つけください。
  • 人々は週末によく読み物をします。ブログ記事のツイートを、週末にスケジュールとして入れておきましょう。平日では、夜に読む人が多いため、夜に仕込んでおきましょう。
  • 1つのツイートに多くのブログを入れると困惑するので、1ツイート1ブログを心掛けます。
  • 他社のツールやブログをツイートするときは、cc代わりにリプライ形式にしておくと、発見されやすくなります。
  • 古いブログ記事を、時々ツイートスケジュールに加えてみましょう。数ヶ月前のブログであれば、新たなフォロワーが発見するきっかけになりますし、見逃している人もいるかもしれません。

他のプラットフォームへの誘導

  • Twitterのフォロワーに、Facebookのコンテストや、LinkedInのグループを告知し、招待を行いましょう。ただし、強制を行うことは迷惑にあたりますので、注意してください。
  • メールニュースレターを共有して、登録できるランディングページへのリンクを貼りましょう。
  • Twtpollを使って、フォロワーへアンケートを行いましょう。その内容を、ブログで公開してみてください。
  • FacebookやLinkedInなど、他のプラットフォームとのマルチ投稿は行わない方がベターです。プラットフォームが違う場合は、別個のものとして扱いましょう。
  • ブログ記事を書いているとき、フォロワーに助けを求めてみるのもよいでしょう。例えば、「こんなデータはないですか?」といったリサーチを見つけてもらう手助けをお願いしてみてください。Twitterアカウントは人が運営しているということを、忘れないでください。

オリジナルのツイートを作る

  • 毎日、ヒントをフォロワーへ提供しましょう。
  • ジョークや謎掛けを行ってみてください。
  • 画像を使って、あなたが普段どのようなことをしているのか教えてみましょう。
  • フォロワーに質問したり、トピックに関する意見を集めてみましょう。Storifyやブログ、Naverまとめを使って、ツイートを集めてみましょう。

これは『How to use Twitter with Inbound Marketing』を翻訳したものです。

SERVICE
  • sns